一度だけの不倫でも慰謝料は請求できる?慰謝料の相場額や慰謝料請求のポイントを解説

一度だけの不倫でも慰謝料は請求できる?慰謝料の相場額や慰謝料請求のポイントを解説

配偶者が不倫をしていることが発覚したものの、不倫は一度だけだったというようなケースもあります。
一度だけの不倫とはいえど、精神的に受けるショックは大きいものです。
そのため、不倫慰謝料を請求したいと考える方もいると思います。

 

一度だけの不倫の場合には、慰謝料を請求することはできるのでしょうか?
今回は、一度だけの不倫の慰謝料請求について解説します。

 

一度だけの不倫でも慰謝料は請求できるのか?

 

配偶者が不倫をすれば、不倫をした配偶者と不倫相手に対して慰謝料を請求することができます。
しかし、不倫が一度だけだったという場合には慰謝料を請求することはできるのでしょうか?

 

1.不倫慰謝料の支払い義務について

 

不倫とは法律上では「不貞」と呼ばれ、配偶者以外の人と肉体関係を持つことを指します。
夫婦には貞操義務があり、配偶者以外と肉体関係を持たないように求める権利や利益が法律によって保護されているといえます。
しかし、不倫によって配偶者が他の人と肉体関係を持ったのであれば、法律上で保護されるべき権利を侵害することになります。

 

他人の権利や利益を不法に侵害する行為は「不法行為」と呼ばれる行為です。
不法行為があった場合、加害者は被害者に対して損害を賠償する義務があることが民法第709条に定められています。
そのため、不倫を行った配偶者と不倫相手は損害賠償として慰謝料を支払う義務が生じます。

 

2.協議ならば慰謝料請求できる

 

慰謝料を請求する方法は、「協議」と「裁判」の2通りがあります。
たった一度の不倫とはいえ、配偶者以外の人と肉体関係を持ったのであれば不貞が成立します。

 

そのため、協議であれば不貞行為を理由に慰謝料を請求することができます。
協議では当事者同士が話し合いを行い、双方が合意すれば示談が成立して慰謝料が支払われることになります。

 

3.裁判では請求が難しい場合もある

 

一度の不倫でも配偶者以外の人と肉体関係を持ったのであれば、裁判所を通して慰謝料を請求することもできます。
ただし、裁判の場合には、肉体関係があったことが分かる証拠の提出が必要になります。
一度の不倫では証拠を集めることが難しいケースも多く、不明瞭な証拠を提出すれば慰謝料は認められません。

 

そのため、一度だけの不倫で慰謝料を請求するには、裁判よりも協議で請求すべきだといえるでしょう。

 

一度だけの不倫で慰謝料請求する場合のポイント

 

一度だけの不倫で慰謝料を請求するのであれば、失敗しないためにも請求前にいくつかのポイントを押さえておく必要があります。
慰謝料請求を行う前に、次のポイントについて確認しておきましょう。

 

1.肉体関係は本当にあったのか?

 

そもそも慰謝料を請求するには、不法行為が成立していなければなりません。
つまり、不倫慰謝料の場合であれば「不貞」があったという事実を証明できるかどうかという点が大きなポイントになってきます。

 

不貞の基準は、肉体関係の有無です。
デートや食事をしただけ、連絡を取り合っていただけという場合ならば、不貞とは言えないので慰謝料を請求することはできません。
慰謝料を請求する前に、肉体関係があったことが分かる証拠を探るようにしましょう。

 

2.離婚はするのか?

 

不倫があったことが分かった場合には、慰謝料だけではなく離婚請求も行うことができます。
たった一度の不倫であれば様子を見て考えたいというケースも多いですが、不倫以外にもさまざまな問題があった場合には不倫をきっかけに離婚を考えるケースもあるでしょう。

 

離婚をするのかしないのかによって慰謝料の金額も変わってきますし、配偶者に対して慰謝料を請求するのかどうかという部分も変わってくるでしょう。
まずは今後の夫婦関係をどのようにするのか考えた上で、慰謝料請求を行うことをおすすめします。

 

3.相手の特定はできるのか?

 

慰謝料の請求は不倫した配偶者だけではなく、不倫相手にも行えます。
ただし、不倫相手に慰謝料を請求するのであれば、相手を特定する必要があります。

 

たった一度の不倫であれば相手の特定が難しいようなケースも少なくありません。
慰謝料請求には名前や住所などの情報が必要になるため、情報を集めるためにも不倫相手の特定から始めましょう。

 

一度だけの不倫の場合の慰謝料の相場額とは?

 

回数には関係なく不倫は不法行為であることに変わりはありません。
一度だけの不倫でも慰謝料を請求することは可能ですが、慰謝料の金額はどのように変わるのでしょうか?
一度だけの不倫の場合の慰謝料の相場について見ていきましょう。

 

1.慰謝料額は通常よりも低くなる?

 

不倫慰謝料の相場は、50~300万円と言われています。
慰謝料はさまざまな背景を考慮して金額が決められるため、相場金額といっても幅があります。

 

不倫の回数も慰謝料の金額を決める要素の1つになります。
不倫の回数が多いほど被害者の受ける精神的苦痛は大きくなると考えられるため、慰謝料の金額も高額になります。
そのため、一度の不倫であれば精神的苦痛は少ないと判断され、通常よりも慰謝料の金額が少なくなることが想定されます。

 

2.不倫の回数以外の慰謝料額を決める要素について

 

不倫の慰謝料の金額を決める要素は、不倫の回数だけではありません。
夫婦の婚姻期間の長さや離婚の有無、子供の有無など夫婦関係に関することも金額を左右する要素になります。

 

婚姻期間が長い場合や夫婦に子供がいる場合、不倫によって離婚に至る場合には精神的苦痛が大きいと判断されて慰謝料の金額は高額になる傾向があります。
また、不倫の悪質性も慰謝料の金額に反映されます。

 

不倫への積極性や不倫相手の妊娠の有無、不倫発覚後の態度などが考慮され、悪質性が高いほど慰謝料の金額は高くなります。

 

一度だけの不倫は、本当に一度だけなのか?

 

配偶者は「一度だけの不倫だ」と言っていたとしても、実際は一度だけではなく何度も肉体関係を持っていたというケースは珍しくありません。
一度だけの不倫だと主張する配偶者の言葉を鵜呑みにするのではなく、本当に一度だけなのか調べみることをおすすめします。

 

1.調べると不倫回数がもっと多い可能性がある

不倫の回数が少なければ、夫婦仲を修復できる可能性や慰謝料の請求金額を低く抑えられる可能性があります。

 

そのため、不倫回数を一度だけだったと主張するようなケースも少なくありません。
もちろんお酒の勢いや、誘惑に負けて一度だけ不倫してしまったというようなケースもあるでしょう。

 

しかし、実際に調べてみれば不倫回数はもっと多い可能性があります。
配偶者や不倫相手の主張だけを信じるのではなく、まずはご自身で調べてみることが大切です。

2.不倫を立証する証拠について

 

不倫の慰謝料を請求するのであれば、不倫を立証する証拠が必要です。
証拠を集めれば、不倫の回数なども明らかになってくる可能性が高いでしょう。

 

肉体関係があったことが客観的に見て分かるような証拠であれば、不倫を立証することができます。

 

  • ホテルに出入りしている写真
  • 性的関係にあることが分かるようなメッセージや写真
  • 不倫相手と利用したホテルや旅行のレシート

 

こうした証拠は、客観的に見ても不倫関係にあることが分かります。
しかし、肉体関係が分かるような証拠集めが難しいようなケースも少なくありません。
その場合には、複数の証拠を組み合わせることで不倫関係を立証できる可能性があります。

 

LINEのメッセージ内容やデートのレシート、カーナビや電話の履歴など、できるだけ多く証拠は集めて起きましょう。

 

3.証拠があれば慰謝料が増額される

 

一度だけの不倫だと相手が主張していても、複数回にわたって肉体関係を持っていたことを証明できる証拠があれば、慰謝料は増額されます。

 

不倫回数は多ければ多いほど慰謝料の増額に繋がるからです。
また、相手が「一度だけ」という虚偽の主張を行ったことは、不倫を反省していないと判断されて慰謝料の増額に繋がる可能性もあります。

 

一度だけの不倫で慰謝料請求をする場合の注意点

 

一度だけの不倫に対して慰謝料請求をする場合には、いくつか注意すべき点があります。
慰謝料請求を行う前に注意点を知っておけば、慰謝料請求におけるトラブルを回避することができるでしょう。

 

1.離婚しないのであれば配偶者へ請求するメリットは少ない

 

不倫の慰謝料は不倫をした配偶者にも請求することができます。
しかし、離婚しないのであれば配偶者へ慰謝料を請求しても、金銭的なメリットはありません。
なぜならば、夫婦は財産を共有しているため、その財産の中から支払われることになるからです。

 

離婚しないのであれば慰謝料を請求するよりも、「また不倫をすれば罰金○○円」「次に不倫をすれば離婚する」といったようなペナルティを記載した誓約書を作成し、署名してもらうなどするとよいでしょう。

 

2.不倫相手を特定できない可能性がある

 

配偶者が主張する通り一度だけの不倫だった場合、不倫相手の特定ができない可能性があります。
一度だけの関係であれば、すでに相手との不倫の証拠や相手の情報は消去されてしまっている可能性が高いからです。
不倫相手が特定できないのであれば、不倫相手に対して慰謝料を請求することはできません。
また、不倫相手のLINEは分かっているものの本名や住所などの情報が分からないというケースもあります。

 

LINEから連絡して慰謝料を請求することも可能ですが、相手がブロックしてしまえば連絡することができなくなります。
怒りで不倫相手に連絡したくなる気持ちも分かりますが、相手の情報を集められるまでは連絡することは避けましょう。

 

3.なるべく協議で合意に持ち込むべきである

 

一度だけの不倫で慰謝料を請求するのであれば、協議で合意に持ち込むようにしましょう。
協議が進まずに裁判へ移行することもできますが、裁判になれば解決までに時間がかかってしまいます。
しかも、裁判になってしまうと協議の場合よりも慰謝料の金額が低くなってしまう可能性もあります。
とくに慰謝料だけではなく離婚も請求するという場合には、一度だけの不倫は裁判離婚で認められない可能性があります。

 

一度だけの不倫であれば夫婦関係を破綻させた原因ではないと判断されることがあるからです。
そのため、離婚も含めた慰謝料の請求は相手に合意を得られるように協議を進めるべきだといえます。

 

一度だけの不倫の慰謝料請求を成功させるためにすべきこと

 

一度だけの不倫でも慰謝料を請求することはできるので、成功させるためにしっかり準備を行いましょう。
慰謝料請求を成功させるためにすべきことをご紹介します。

 

1.バレないように証拠集めをする

 

不倫慰謝料の請求では証拠集めが必要になりますが、証拠を集める際には相手にバレないように行いましょう。
不倫を疑っていることや、不倫の証拠を集めていることが相手にバレてしまえば、証拠や相手の情報を消去されてしまう可能性があります。
そして、警戒されてしまい、証拠集めが難しくなってしまうでしょう。

 

不倫を問い詰めたくなるかもしれませんが、証拠を集めるまでは気持ちを抑えてバレないように証拠集めを優先することをおすすめします。

 

2.証拠や情報集めが難しい場合は探偵や興信所へ相談する

 

証拠や情報集めが難しいものの慰謝料を請求したいという場合には、探偵や興信所へ相談するという手段があります。
とくに現在進行中の不倫関係であれば、ホテルや相手の家に出入りしている写真など決定的な証拠を入手できる可能性があります。

 

また、探偵や興信所の調査報告書も不倫の証拠として扱うことができます。

 

3.慰謝料請求前に弁護士へ相談する

 

不倫の慰謝料請求を成功させるには、ご自身で慰謝料請求する前に弁護士へ相談することをおすすめします。
弁護士に相談すれば、法的な視点から的確なアドバイスを受けられます。

 

また、依頼することで慰謝料請求の書類作成や交渉など全てを任せることができ、スムーズに解決まで進むことが期待できます。
当事者同士で交渉を行えば感情的になってしまい、話し合いが進みにくいものです。
冷静に交渉できる第三者であり、知識と交渉力のある弁護士に交渉は任せましょう。

 

まとめ

 

今回は一度だけの不倫慰謝料の請求について解説しました。

 

一度だけでも不倫が事実であれば慰謝料を請求することができます。
しかし、一度だけと相手が主張していても、実際には不倫期間が長い可能性や複数回にわたる関係である可能性があります。

 

そのため、まずはしっかりと証拠を集めて一度以上の関係があった可能性を探りましょう。
そして、不倫慰謝料を請求する際には専門家である弁護士に相談してみてください。
弁護士に相談することで今後どのように対処すべきか見通しを立てることができますし、状況が変化すれば慰謝料だけではなく離婚請求も併せて行うための準備を行うことができます。

その他のコラム

不倫をされて精神的苦痛を受けた!慰謝料請求できるケースとできないケースとは

配偶者に不倫をされれば、精神的には大きな苦痛やショックを受けることになります。 不倫をされて精神的苦痛を受けたため、慰謝料を請求したいと考える方もいるでしょう。 慰謝料はどのような場合に請求することができるのでしょうか?   今回は、不倫をされて精神的苦痛を受けた場合に慰謝料請求できるケースとできないケースについて解説します。   不倫をされて精神的苦痛を受けた場合に慰謝料請求できるのか? &...

有責配偶者から離婚請求することはできる?離婚請求が認められるケースと認められないケース

有責配偶者は、夫婦関係が破綻した原因を作った方を指します。   離婚したいと考えていても、「有責配偶者だから離婚を言い出せない」とお悩みの方もいるでしょう。 有責配偶者から離婚請求することはできないのでしょうか?   そこで今回は、有責配偶者からの離婚請求について解説します。 離婚請求が認められるケースと認められないケースもご紹介するので、是非参考にしてください。   有責配偶者に...

不倫慰謝料の請求には証拠が必要?証拠がない場合の対処法を解説

不倫慰謝料の請求には証拠が必要?証拠ない場合の対処法を解説

配偶者が不倫をしていた場合には、配偶者と不倫相手に対して慰謝料を請求することができます。 ただし、不倫慰謝料を請求するには不倫の「証拠」を集めなければなりません。   しかし、不倫の決定的な証拠が見つけられないという場合もあるでしょう。 証拠がなくても不倫慰謝料を請求することは可能なのでしょうか?   今回は、証拠ない場合の不倫慰謝料の請求について解説します。   不倫慰謝料は...

不貞行為とは?不貞行為の基準や不貞行為により起こり得るトラブルを解説

不貞行為とは、「不倫」の法律用語です。   配偶者が不貞行為をしているかもしれない、配偶者が不貞行為を行った、など不貞行為に関する悩みを抱えている方もいるでしょう。 不貞行為の基準は法律上で明記されているわけではありませんが、過去の判例などから判断することができます。   今回は不貞行為の基準や、不貞行為によって起こり得るトラブルについて解説します。   不貞行為とは  ...

不倫現場の目撃は慰謝料請求の証拠になる?不倫現場を目撃した場合の対処法

不倫現場の目撃は慰謝料請求の証拠になる?不倫現場を目撃した場合の対処法

配偶者の不倫現場を目撃してしまったら突然のことにパニックになってしまい、どのように対処すべきか分からなくなってしまう方も多いでしょう。 不倫現場の目撃は、場合によっては慰謝料請求の証拠になることがあります。 そのため、冷静になって適切に対処することが大切です。 今回は、不倫現場の目撃による慰謝料請求について解説します。 不倫現場を目撃した場合の対処法や、その後の対応などについても紹介しているので参考にしてください。 ...

慰謝料請求のご相談なら

初回相談30分無料